Cycling

第1戦 伊吹山ドライブウェイ

2013年4月15日

2013シーズン開幕 ホセがデビューウィン!!

 

2013年4月14日に岐阜県不破郡は伊吹山ドライブウェイにて開催されたJBCF伊吹山ドライブウェイヒルクライム、皆様、応援いただきありがとうございました!!

先日、新規加入をご報告したホセ・トリビオ選手が2位に2分以上の大差をつけての圧倒的パフォーマンスで優勝を飾りました。

伊吹山ドライブウェイはその名のとおり閉鎖される冬季以外は自動車の行きかう高速道路ですが、1年に1度、この「伊吹山ドライブウェイヒルクライム」でのみ自転車で走ることができる、一般のヒルクライマーにとっても注目度が高く人気のあるレースです。

平均勾配だけをみると一見平均的な坂の様であるものの、緩急が激しく繰り返されペースを乱される、クライマー泣かせの坂としても有名なコースです。

このレースにTeam UKYOからは狩野、土井、山下、トリビオ、阿部、大久保、米内、乾の8選手がエントリーしました。

 

 

総勢100名がドライブウェイ料金所から出走。スタート後数分で土井雪広選手(Team UKYO)が単独でアタックを仕掛けます。これに反応したのがホセ・トリビオ選手(Team UKYO)、飯野智行選手(宇都宮ブリッツェン)、伊藤雅和選手(AISAN Development Team U-26)の3名。

まもなく土井選手(Team UKYO)が追走集団に吸収かというところで今度はトリビオ選手が一気に加速し、すぐに土井選手と合流。

その際、瞬時にトリビオ選手を逃がすために、チーム右京の選手(土井、狩野、阿部、山下、ect….)がメイン集団を抑えにかかる作戦を展開していきました。そのお陰もあって後続を引き離していくトリビオ選手の勝利は、レース中盤にはすでに疑いようのないものとなる。

レース終盤、後続との差をさらに引き離していくトリビオ選手を追い、土井選手がメイン集団から抜け出し再びアタック。その間トリビオ選手は後続に2分39秒という大差をつけてフィニッシュしました。

その後フィニッシュラインを前に土井選手がスプリントを開始し1、2フィニッシュを狙いにかかりましたが飯野選手(宇都宮ブリッツェン)に惜しくも敗れ3位。それに続き狩野選手が4位でゴールしました。

表彰台にTeam UKYOの選手が2名立つという華々しい成績を収め、Team UKYO選手8人全員が27位以内に食い込むという好成績でシーズンのスタートを切ることができました。

 

 

次戦は4月20日、21日に南紀白浜で開催されるタイムトライアルとクリテリウムです。

皆様の応援、よろしくお願いいたします!!


© Copyright 2021 KATAYAMA PLANNING CO.,Ltd. All rights reserved