Cycling

Race Report Jプロツアー第2戦チームTT南紀白浜

2012年4月12日

2秒差で届かなかったチームTT

JBCF Jプロツアー第2戦 タイムトライアル南紀白浜
期日:2012年4月7日 (土) 会場:旧南紀白浜空港跡地特設コース

【P1チームTT  15km(1.5kmx10laps)】
1位 cannondale spacezeropoint 20m00s
2位 Team UKYO 20m02s
3位 宇都宮ブリッツェン 20m20s
4位 CIERVO NARA PROCYCLINGTEAM 20m50s
5位 パールイズミ・スミタ・ラバネロ 20m50s
6位 Team MASSA-ANDEX 20m55s

【Jプロツアー チームランキング】
1位 cannondale spacezeropoint 5800P
2位 Team UKYO 5050P
3位 宇都宮ブリッツェン 4600P

【Jプロツアー個人ランキング】
1位 辻善光(Team UKYO) 2000P
2位 鈴木真理(cannondale spacezeropoint) 1900p
3位 小室雅成(cannondale spacezeropoint) 1500P

 


 

国内レースシーンにおいて初めてのチームタイムトライアル(TTT)が開催されました。
初戦の3位という悔しい結果を真摯に受け止め、このチームTTをなんとか制覇しようとトレー
ニングを積んでまいりました。

タイムトライアルは「時間との闘い」であり、空気抵抗を下げるため、普段のロードレースとは
違った機材を使用します。
しかし残念ながら結果はTeamUKYOと同じく今季新たに発足したUCIコンチネンタルチーム
cannondale spacezeropointが同じヒートに出走し20分00秒のトップタイムを最後まで譲らず
同チームに初めての優勝をもたらしました。

レースは1.5㎞×10周回の計15㎞を6名の出走で競われ、TeamUKYOからは狩野、清水、
辻、太田、斉藤、嶌田が出走。
TeamUKYOはタイムトライアル競技において最も不利とされている1番での出走ながらも、
cannondale spacezeropointに次ぐ2番目のタイムは最終走者の宇都宮BLITZENまで更新されず、
トップと2秒差の2位という結果に終わりました。U-23の全日本TTを3連覇している嶌田を筆頭に
タイムトライアルに強いメンバーが揃うTeamUKYOではありますが、この南紀白浜のコース特有
の海風によって上手くリズムが掴めません。


(Photo:Hideaki.Takagi/Cyclowired.jp) (Photo:Hideaki.Takagi/Cyclowired.jp)

中盤過ぎに斉藤が隊列より離れ、更にやや遅れて嶌田もレースを終えました。
残り4㎞弱を4名でローテーションするかなり辛い展開に陥ります。
後半はタイムトライアルに強い太田、清水が牽引し4名で15㎞を20分02秒のタイムで
フィニッシュしました。
TeamUKYOの1分後にスタートした後続のcannondale spacezeropointは短距離のTTに強い
鈴木真理選手が主に牽引し、20分00秒でフィニッシュ。
結局この2チームのタイムは最終走者の宇都宮BLITZENも更新できず、
結果cannondale spacezeropointが優勝、TeamUKYOは2秒という僅差で2位という結果に
終わりました。


(Photo:Hideaki.Takagi/Cyclowired.jp)

【片山監督コメント】
前回デビュー戦となった下総での3位という成績は良い結果だった。
ただ、早く結果を出したいという気持ちが強すぎたと思う。
今回のチームTTは平地で列車を組めるチーム右京カラーとも言えるレース。
それ故にこだわりすぎたのと、想像以上の強い風、そして何より緊張感で
列車をうまく組めずバラバラになってしまった。
最終コーナーではキャノンデールより1秒遅れ。結果2秒差の2位。
デビュー戦で3位、2戦目で2位、これは決して悪くない結果だ。
一つ一つが勉強と思って、レースを積んでいきたい。

 


© Copyright 2021 KATAYAMA PLANNING CO.,Ltd. All rights reserved