Support

レースレポート

2013年9月11日

LQS Real B Voice PRO

68日、9日に、千葉県いすみ市太東海岸で行われた

ASPのロングボードクオリファイシリーズのReal B Voiceプロに参加してきました。

私は今までショートボードのコンテストに出てきたので、ロングボードの試合は初めての挑戦でした。

ロングボードは板の長さが9フィート(274.3cm)以上という規定があり、私が普段乗っているショートボードは5.2フィート(158.5cm)なので、1.25mも違って乗った感じはトラックと軽自動車くらいの差があります。

人が多くなりすぎると本数も乗れないし、人をよけて自分のしたいライディングができなくなってしまうので前日も当日も選手があまり来ていない早朝に練習しました。

久しぶりに乗ったのもあって最初はやっぱり上手くいきませんでしたがボードの舵の役割を持つフィンを変えたりして調整しました。

試合は朝8時半頃、男子のラウンド1からスタートして、私は久しぶりに会った友達と話をしたりしてとてもリラックスして自分のヒートを待つことができました。

今回のロングボードの試合はショートの大会のための練習と初心に帰るという目的で出たので結果ではなく自分のベストなメンタルへの持っていき方や試合中の波をとるまでの動き、波選びなどを重視していました。

私は女子の最終第4ヒート目だったので、男子が終わる頃から集中モードに入って準備をしました。

やはりいつもと違うカテゴリーで、相手を気にしないようにと思ったものの日本のプロロングボードのチャンピオンと、トッププロだったので普段の試合よりも緊張しました。

ヒートはとにかく良い波に乗ることが一番の目標でした。


 

一度人につられてあまり良くないポジションに行ってしまいましたがちゃんといいポジションに帰ってくることができて、これは前にはできなかったことだったのですごく良かったと思います。

でも緊張するとまだ人につられていってしまうという事も分かったので、これから意識して治す所も見つかりました。

ライディングも身体が動かなくて、それが自分で分かっているのに動いていない状態になっていました。

両方とも克服するのは緊張しないこと、自信をつけるという事だと思うのでもっと努力することが必要だと思いました。

結果は3位負けで、全体では9位でした。

やる前に結果は気にしないと思っていましたが悔しいので今度はもっとちゃんと練習してまた出たいと思います。

ショートボードでたまに出る悪い癖がロングボードだと大きく出てしまっていて絶対に直したら両方とももっと良くなるので、大きな課題が見つかって直すきっかけができて今回この試合に出て本当によかったです。

次は6月28日からの伊豆下田CHAMPIONなので、それに向かってショートの練習を頑張ります!


© Copyright 2021 KATAYAMA PLANNING CO.,Ltd. All rights reserved